悪い思い込みを取り払って克服しよう

スポンサードリンク

悪い思い込みを取り払って克服しよう

対人恐怖症に悩む人は、通常、不安や恐怖に感じないようなことに対して、過剰すぎる反応をしてしまい、そういう物事に対してマイナス思考が働き、不安や恐怖を回避する行動に出てしまいます。
そうなると、マイナス思考によってますます不安や恐怖が増大され、思うような行動がとれなくなるという悪循環に陥ります。

 

そこで、対人恐怖症を克服する為の治療法として、「認知行動療法」という方法が行われます。
認知行動療法は、対人恐怖症のきっかけでもあり、症状を進行させる要因である間違った思い込みを、前向きな考えに改善していくという方法になります。
具体的な治療方法ですが、まず、自分の日常生活における不安や恐怖に対する心の状態を把握することと、対人恐怖症に対する問題点を明確にします。
次に、間違った思い込みが原因で、不安や恐怖から回避しようとする行動を克服する為の自律訓練法や呼吸法を身に付け、対人恐怖症の症状が現れた時に対処できるようにしつつ、症状が現れる状況にあえて身を置き、少しずつ慣れていくようにする暴露療法(エクスポージャー)を行っていきます。

 

認知行動療法は、「間違った思い込みの改善」を治療する上で、自律訓練法や呼吸法、暴露療法や投薬療法等を併用して行っていくので、期待する効果に即効性はありません。
どの対人恐怖症の症状の場合でも、体に染みついたマイナス思考と強い不安や恐怖は簡単には治らないので、治療を受けたのに改善されないと悲観的になることはありません。
継続することで多少の症状改善が見られれば、それが自信に繋がり、改善の兆しが見え始めれば、克服に近付いたと言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク