緊張とリラックスの繰り返しで克服しよう

スポンサードリンク

緊張とリラックスの繰り返しで克服しよう

対人恐怖症を克服する方法として、「自律訓練法」という方法があります。
この方法は、心と体の緊張を和らげてリラックスする方法です。

 

なぜリラックスすることが対人恐怖症の克服に繋がるのかというと、対人恐怖症は、人や物、行動等に対して不安と恐怖を感じ、心身が極度に緊張して、それが長期的に続いてしまうことによって余計に敏感になり、必要以上に不安や恐怖を感じてしまうようになります。
自律訓練法は、その必要以上に不安や恐怖を感じてしまうような心身の緊張状態を和らげてリラックスすることによって、恐怖症の対象となる物事に見舞われた時でも過敏に反応しないようにすることで克服へと繋げる方法です。
自律訓練法という名前のとおり、不安や緊張は自律神経の反応によって起こるものなので、普通は自分で制御できない自律神経を、間接的に制御することを訓練する方法になります。

 

自律訓練法の基本動作は、まず息を吸い込んで7秒だけ息を止めます。
次に、息を止めている間、腕や足等を使って肉体的に緊張状態を作ります。
例えば、手のひらを下に向けた状態で両腕を体の前に伸ばし、右手を上、左手を下に重ねた状態で、右手を下向きに、左手を上向きに力を入れて、ゆっくりと緊張状態を作ります。
7秒経過したらゆっくり息を吐き出しながら緊張状態を解いていきます。
完全に力が抜けたら目を閉じて、そのまま1分間ゆっくり呼吸しながらリラックスすることを意識する。

 

以上、簡単な方法ですが、対人恐怖症の克服に有効な方法として実践されているので、試してみる価値はあると思います。
ただ、自律訓練法は即効性がある訳ではないので、時間をかけてゆっくりと焦らずに行うようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク