正視恐怖症かどうかチェックする方法

正視恐怖症かどうかチェックする方法

■正視恐怖症とは?
世の中にはたくさんの恐怖症があります。高所恐怖症や閉所恐怖症のように、程度の違いはあれ多くの人がその対象に対して恐怖を感じることがある、または恐怖を感じることが理解できるものもあれば、なかなか人には理解されにくい恐怖症もあります。正視恐怖症も、そんな人からの理解が得られにくい恐怖症の一つでしょう。

 

正視恐怖症とはその名の通り、相手の顔を正視することに恐怖を覚える症状です。視線に対する不安や恐怖を抱く症状には正視恐怖症のほかに「脇見恐怖症」「他者視線恐怖症」「自己視線恐怖症」の計4種類の恐怖症があり、それらをまとめて「視線恐怖症」と呼んでいます。これらの恐怖症は独立して発症するものもあれば、複数の恐怖症を併発するケースもあります。

 

スポンサードリンク

 

 

視線恐怖症は基本的には他者の視線に対して恐怖や不安を覚える症状ですが、正視恐怖症は自分の視線が相手を不快にするのではないか、恐怖を与えてしまうのではないかという不安のあまり、相手の顔をまっすぐに見ることができなくなってしまう症状です。会話をしているときはもちろん、会社の机や電車の向かい合った席のように会話をしている相手ではなくても、正面に人がいるだけで強いストレスや緊張を感じてしまうこともあります。

 

正視恐怖症を発症する原因の一つに、つり目や切れ長の目など目つきが鋭いことへのコンプレックスを持っていることが考えられます。この目で見つめることで相手が「睨まれているのではないか」と感じてしまうことを心配し、それが高じて恐怖症へと進行してしまうのです。また、正視することで相手に自分の顔をまじまじと見られてしまいます。それに対する恥ずかしさから正視することができなくなり正視恐怖症となるケースもあります。自分の外見に対するコンプレックスが原因ということで、同じく外見への強いコンプレックスが原因である醜形恐怖症を発症しているケースも多くなっています。自己視線恐怖症と混同されるケースもありますが、自己視線恐怖症は正視している場合に限らず自分の視線が相手に何かしらの影響を与えていないか気になってしまう症状です。正視恐怖症とともに自己視線恐怖症を併発するケースもあります。

 

正視恐怖症は視線恐怖症の一種ですが、対人恐怖症の一種として分類されることもあります。どちらも自分が他者からどのように見られているのかを過剰に意識するあまりに発症する症状という点が共通しています。

 

■あなたは正視恐怖症?
相手の目をまっすぐ見ることに対する恥ずかしさや苦手意識というものは、程度の差こそあれ多くの人が感じるものなのではないでしょうか。それが恐怖症の域に達しているのかそうではないのか、自分で判断することは難しいでしょう。そこでここでは、自分が正視恐怖症なのかそうではないのかをチェックできる項目をご紹介します。ここでご紹介するのは正視恐怖症の主な症状であり、該当する項目が多いほど正視恐怖症になっている可能性が高くなります。

 

スポンサードリンク

 

 

・人と目を合わせることが恥ずかしい
・人と目を合わせることが苦手
・自分の目付きが相手に不快感を与えているのではないかと思う
・人と目を合わせることが苦痛
・家族や親しい人であっても目を合わせることは苦痛である
・人と向かい合っていると相手と目を合わせないようにしてしまう
・人と向かい合っていると顔がこわばる
・人と向かい合っていると相手をにらむような表情になってしまう
・人と向かい合う場面を避けてしまう
・人と向かい合っていると恐怖を感じてしまう
・人を直視できないことに恐怖心があり、それによって日常生活に支障が生じる

 

一つも当てはまる項目がなければ、正視恐怖症の心配はありません。
1〜2個該当する項目があった場合は、正視恐怖症になりかけています。
4〜5個該当する項目があった場合は、すでに正視恐怖症を発症しています。
9〜11個該当する項目があった場合は、正視恐怖症のほかに対人恐怖症も発症している可能性があります。
12〜15個該当する項目があった場合は、正視恐怖症と対人恐怖症が慢性化してしまっています。

 

■正視恐怖症の治し方
正視恐怖症の原因は自分の視線が相手に不快感を与えているという「思い込み」です。そのため、正視恐怖症を完全に治すにはこの思い込みをなくす必要があります。これは自分の力だけでは難しいため、カウンセリングを受けてみるのも効果的でしょう。

 

多少方法は荒っぽいですが、目線を合わせることにとにかく慣れるのも効果的な改善方法の一つです。何度も目を見て話すうちに、相手がそれに対して何の反応も示さないことに気付くでしょう。そうなれば自分が不快感を与えていることが単なる思い込みに過ぎなかったことに気付き、正視恐怖症はおのずと改善します。ただし、あまりにも不自然にじーっとみてしまうと本当に相手を不快にさせてしまう危険があるので、自然に目を合わせることができるようになるまでは一瞬目を合わせ、軽く反らしてまた目を合わせる、ぐらいにしておきましょう。

 

スポンサードリンク