とにかく自分の臭いが気になる自臭症

スポンサードリンク

とにかく自分の臭いが気になる自臭症

「自臭症」や「自己臭症」とも言われている「自己臭恐怖症」は、対人恐怖症の症状の一種で、口臭や体臭等、自分の体から発せられる臭いが非常に臭いと思い込み、自臭が臭いということで「人に嫌がられている」「人に迷惑をかけている」と恐怖や不安を感じる症状で、確信型対人恐怖症の一種とも言われています。
自己臭恐怖症は、対人恐怖症と同じく精神疾患になりますが、実際に口臭やワキガで臭いを発している場合もあるので、一概に自己臭恐怖症と判断できないケースもあります。

 

自己臭恐怖症の人は、自臭に過敏になりすぎて、実際には発せられていない自臭を周りの人が嫌がっているという妄想を考えるところから始まります。
症状が酷くなると、他人が何気なく行った咳払いや鼻に手を近付ける等の行為でさえ、自臭のせいだと感じてしまい、エレベーターや教室、バスや電車等の人が多数集まり、自臭がかがれやすい場所に過剰な恐怖心と不安感を抱くようになり、そのような場所を避けるようになります。
重度になるとうつ病を合併することもある、とても厄介な精神疾患です。

 

性格的に、完璧主義や完全志向の強い人が自己臭恐怖症になりやすい傾向にあります。
体臭や口臭は誰にでもあるものですが、自己臭恐怖症の人は自臭に過敏に反応してしまい、ちょっとした臭いでも人に迷惑をかけていると考えて、症状を悪化させやすい悪循環にも陥りやすいです。

 

自分の欠点を見つけ、改善しようとする努力は素晴らしいですが、過剰に反応してしまうのは良くありません。
欠点は程よく受け流し、誰しも完璧な人間はいないと考える思考を構築することが改善の糸口になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク