集団で食事を楽しむことができない会食恐怖症

スポンサードリンク

集団で食事を楽しむことができない会食恐怖症

対人恐怖症には、「会食恐怖症」と言い、友人や知人等と一緒に食事をすると、緊張で食欲減退、不食、吐き気等の症状が現れる場合があります。
人に見られながら食事をすることで、極度に緊張してしまうことからこの症状が出ています。
会食等をする機会の多い会社勤めのOLや、ママ友と交遊のある主婦等に多く見られる症状です。
女性同士は気を遣うことも多いので、対人恐怖症になる傾向が多いのはうなずけますね。

 

なぜ、人に見られながら食事をすることで極度の緊張状態に陥るのでしょうか。
会食恐怖症で苦しむ人は、会社の昼食時間やママ友とのランチ等で、人と一緒に食事をする際に、「人の食事が気になる」、「自分のマナーが人に迷惑がられていないか気になる」、「一緒に食事することに慣れない」等と考えることが要因となって、極度に緊張するようです。

 

極度の緊張は、吐き気や冷や汗、手足の震えや腹痛等の身体的不調となって現れます。
その身体的不調が起こってしまわないかと強く気にすることも、会食恐怖症を悪化させる要因になってしまうので、極度の緊張→身体的不調→自己嫌悪→極度の緊張と言う風に、悪循環に陥る危険性が高くなり、症状も酷くなります。

 

会食恐怖症だけではなく、対人恐怖症の他の症状でも言えることですが、苦手意識を強く持つとこのような悪循環に陥りやすくなるので、苦手意識を克服することが大事になってきます。
苦手だからといって避けずに、苦手を認識し認めた上でしっかりと向き合い、あえて苦手な状況に身を置くことで克服する場合もあります。
それでも克服できない場合は、専門の医師等に相談し、他の方法を試すことができるので、自分に合った克服方法を見つけ出しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク