無意識に脇見することを気にする脇見恐怖症

スポンサードリンク

無意識に脇見することを気にする脇見恐怖症

自分の視界に人が入ってくると、無意識にその人に視線が移る(脇見)ことを、対人恐怖症の症状で「脇見恐怖症」といいます。
脇見自体は誰でも無意識にしてしまうことはありますが、脇見恐怖症の場合、脇見することで相手に迷惑をかけていると強く思い込み、悩んでしまう状態になります。
症状が進行して酷くなると、物に対しても同様の反応をします。
対人恐怖症にある同じ視線恐怖症の「自己視線恐怖症」や「他者視線恐怖症」、「正視恐怖症」と違い、重度になる場合が多いようです。

 

日常生活で、買い物中や道を歩いている時等、外出をすると会話を交わさないまでも、人と接する機会は多くあります。
その度に、視界に入る人に対して無意識に視線を移してしまい、そのことで相手に不快感を与えてしまったと自分を責め、罪悪感を抱いてしまうのがこの病気の特徴です。

 

脇見恐怖症で悩む多くの人は、自分が視線を移した事に対して罪悪感を抱いているので、視線のコントロールをする為に試行錯誤する傾向にあります。
しかし、視線のコントロールでは、脇見恐怖症は改善されません。
脇見恐怖症の本質は、「自分の視線が相手に不快感を与えている」とか「相手に迷惑をかけてしまった」等という強い思い込み自体にあります。

 

ほとんどの場合、凝視されている場合は別として、他人は他人からの視線を特別気にすることはありません。
脇見をすることがいけないことじゃないと思えるようにしていくことが、この症状の有効な改善策になります。
自分の考えだけで判断して悩み苦しまない為にも、カウンセリング等で相談相手に話をすることも、対人恐怖症の克服には大切なことになります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク