自分の視線を気にする自己視線恐怖症

スポンサードリンク

自分の視線を気にする自己視線恐怖症

対人恐怖症の中に、自分や他人の視線を恐れてしまう「視線恐怖症」という症状があります。
その中でも、「自分の視線が人に不快感を与えていないか」と自責の念にかられてしまうのが「自己視線恐怖症」という対人恐怖症の症状の1つです。

 

会話をする時に、相手の目を見て話そうと思うと、自分の視線が相手に不快感を与えていると思い込み、相手の目を見て話をすることができなくなり、無理やり相手を見ようとして、不自然な視線のおくり方をしてしまい、そのことでさらに不快感を与えているのではないかとマイナス思考が働いてしまう悪循環に陥りやすい症状です。

 

自己視線恐怖症に似たような症状で、「正視恐怖症」がありますが、相手を正視すること自体に恐怖や不安等を感じる正視恐怖症と、自分の視線が相手に不快感を与えていないかと恐怖や不安を感じる自己視線恐怖症とは、全く別の症状と捉えられているので、間違えないように理解してほしいところです。

 

自己視線恐怖症に悩んでいる人は、対人恐怖症に良く見られる悪く強い固定観念(自分の視線が相手に不快感を与えている)と感情の抑圧が原因で症状が現れるので、それらを解消していくことが症状改善に繋がります。
まず、自分の中にこのような問題があるのだと認識することが必要で、認識できて初めて対処法が考えられるようになります。
無意識の内に症状が現れ、気がついた時には凝り固まった固定観念に支配されていることが多いこの症状は、時間をかけて固定観念を崩していくことが、症状を改善する有効な手段と言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク